PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1-1.jpg


先日の毎日新聞の取材が記事になりました。



がん治療の副作用で起こる脱毛は闘病中の患者を悩ませる。外見が変わり外出もおっくうになりがちだ。かつらを利用して生活の質を高めることも可能だが、医療用かつらの価格は10万円を超え、患者本人に似合うようにカット、調整できる美容師はまだ国内には少ない。美容師の育成や、かつらを患者に贈る取り組みが始まっている。【下桐実雅子】

 神奈川県逗子市の美容室に勤める樋口美香さん(40)は、がん治療などで脱毛した人たちのかつらをカットする「かつら美容師」だ。今年から仕事が休みの日を利用して患者宅に出張し、希望に合わせてかつらをカットしたり、伸びてきた本人の髪を整えている。

 樋口さん自身、がん治療の経験がある。08年9月、突然の腹痛から救急車で病院に運ばれ、卵巣がんが見つかり手術を受けた。抗がん剤治療を始めて2週間ぐらいすると髪が抜けはじめ、手で触れると玉になった。「抜けた自分の髪を見るのはつらかった」と振り返る。

 周囲の人たちに支えられて、職場に復帰。「自分にできることで社会に恩返ししたい」と、闘病中に知ったNPO「日本ヘアエピテーゼ協会」(東京都品川区、電話03・3440・4572)の「かつらの学校」に通い、かつらの基礎知識やカット、スタイリング方法を学んだ。

 同協会代表理事の河野愛一郎さん(54)は、乳がんになった妻こずえさん(51)の「かつらが自分に合わない」という訴えをきっかけに、サイズや毛量を調整しながらカットできるかつらを製作した。

 同協会が認定するかつら美容師は全国に約100人。かつらを約12万円で販売し、「“自毛”デビュー」できるまでの1年半程度、無料でカットや調整を行う。これまでに約1000人が利用した。

 河野さんは「元の自分に戻りたいという患者さんの願いをサポートしたかった。治療にかつらは不可欠で、医療費控除の対象になるように国に働きかけていきたい」と話す。

MAINICHI KiRei



| 全体 | 08:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://epit.blog48.fc2.com/tb.php/69-5728adf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT