| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「神様に生かされた理由」 阿南里恵さんのご本紹介。

こんにちは。広報koziです。

阿南里恵さんがサイン入りの御著書を送って下さいました!

「タイトルは神様に生かされた理由」23歳で子宮頸がんを宣告されて。

がんサバイバーの方にも、これから治療に入られる方にも、病気でない方にも全ての女性にお勧めしたい、前向きに行きて行く希望をくれるご本です。

阿南さん本
阿南さんサイン




阿南里恵さんは公益財団法人「日本対がん協会」の広報担当などを経て、現在は特定非営利活動法人「日本がん・生殖医療研究会」、厚労省「がん対策推進委員会」委員、「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボードメンバーなどで活躍されています。


今から10年前。

23歳の若い女性として、これからの人生に向けて胸をふくらませていたまっただ中でがん告知。

毎日髪を30分以上かけて巻き、おしゃれにもみがきをかけて颯爽と仕事に取り組んでいた阿南さんは、脱毛して帽子をかぶったりしますが、それがジーンズなどのカジュアルな服には合うけれど、会社に着ていくようなおしゃれなワンピースやパンプスに合わないことに悩まれました。

また、脱毛時に毛がらみを起こしてしまい、いつものおしゃれなヘアサロンには行けず、一日がかりで探した街の小さなお店で短くカットしてもらったと書かれています。

サバイバーである私もおなじ思いをした経験があり、その時の悲しく、情けない気持ちから、協会メンバーの試行錯誤で元の自分のヘアスタイルにカットできるウィッグの開発や、無料での事前カットや自髪デビューカットを取り入れて行った経緯があります。

「がんであっても自分らしく、女性らしくいたい」という共通の思いがあったからか、阿南さんはヘアエピテーゼ協会の取り組みに共感してくださり、応援して下さっています。

今回の御著書では、巻末の「知ってほしい事コラム」に協会の「再現美容」をとりあげていただきました。
阿南さん本紹介


阿南さんという女性は、どんな試練があっても、いつも前向きに行きて行く。ちょっと一生懸命すぎて転んでしまうこともあるところがまた、不器用でかわいらしい魅力なのでしょう。

文中の、病気を機に取り戻したお母様とのこころの触れ合い、家族やまわりの方達とのあたたかい関係もこころをなごませてくれます。

「病気だから夢や希望を抱かない」と、むりやり未来をあきらめる必要はない。と阿南さんはご本で言っています。

読んでいて、涙あり、感動あり、で、最後は元気をもらえる一冊でした。

よろしければ、ぜひ手に取ってみてください。

阿南さんのブログ ご著書紹介 http://ameblo.jp/gankenshin/entry-11984756065.html
         ヘアエピテーゼ協会ご紹介 http://ameblo.jp/gankenshin/entry-11982568868.html

| メディアに掲載 | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://epit.blog48.fc2.com/tb.php/205-e03b2539

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT