2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

署名活動にご協力を!

記事

13日朝日新聞の記事です。
拡大してご覧ください。

脱毛はいかなる理由があるにしても男女ともに本当に辛いことです。
特に女性にとっては見た目以上に精神的にも辛い思いをされてお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
私たちもNPOの活動を通して、多くの脱毛でお悩みの方と触れ合ってきました。
そして、いつも感じるのがみなさん本当にいろいろな思いをされているのに前向きに頑張っている方がばかりです。
だからこそ、少しでもお力になれればと思って活動をしています。

厚生労働省は「かつらは外見上のモノ」との位置づけで治療に結びつかないので保険適応はできないとしています。しかし、髪はモノではありません。長い友と書いて髪、だから必要なものなのです。

そんな厚生労働省に対して、難病指定やかつら購入費の軽減策を求める署名活動を展開しています。

受付はJAAC。
「JAAC(ジャック)」=「日本円形脱毛症コミニュケーション」 
「Japan Alopecia Areata communications 」
(ジャパン アロペシア アリアタ コミュニケーション)

円形脱毛症という難冶性皮膚病に悩む患者有志と専門協力医師が「手をたずさえて治療や生活の困難を乗り越えていこう!」という目標から、医師、弁護士の協力を得ながら2007年7月、円形脱毛症患者会を設立。

JACCホームページ
署名受付ホームページ

みなさんご協力、よろしくお願いいたします。

| 全体 | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なつくんを救おう!

なつくん

いま、長野県のメンバー・大根田くんが一生懸命支援を訴えているのが、おなじ長野県飯田市で50万人に1人という拘束型心筋症という難病と闘っている山下夏くん(7歳)です。

なつくん2

NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会は、なつくん支援のための呼びかけをサロンブログで訴えています。もしこの記事をお読みになって、小さな命のためのお手伝いをして頂けるなら、皆様のブログに以下のURLを張り、支援の呼びかけをして頂きたいと思います。
なつくんを救う会は、信州のメディアでも取りあげられ、全国へと広がっています。
なつくんを救う会

| 全体 | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログを見て下さい

ブログ

最近、殆どのサロンで日々のブログをはじめています。
みなさんに日々どんな仕事をしているのか。また、どんな生活を送っているのか。知って頂こうとブログを通してお伝えしています。
何気ない出来事やハートに残ったこと、ちょっとホッとするような話し・・・・・・
そんな私的なサロンの話しをぜひご覧ください。
以下はその一例です。

神奈川二俣川店(プラチナ)

大阪長居店(Ha-Du)

長野伊那店(オネダ)

宮城仙台店(ミドリ)

神奈川鶴見店(コンフェッティ)

| 全体 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月