| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「神様に生かされた理由」 阿南里恵さんのご本紹介。

こんにちは。広報koziです。

阿南里恵さんがサイン入りの御著書を送って下さいました!

「タイトルは神様に生かされた理由」23歳で子宮頸がんを宣告されて。

がんサバイバーの方にも、これから治療に入られる方にも、病気でない方にも全ての女性にお勧めしたい、前向きに行きて行く希望をくれるご本です。

阿南さん本
阿南さんサイン




阿南里恵さんは公益財団法人「日本対がん協会」の広報担当などを経て、現在は特定非営利活動法人「日本がん・生殖医療研究会」、厚労省「がん対策推進委員会」委員、「がん対策推進企業アクション」アドバイザリーボードメンバーなどで活躍されています。


今から10年前。

23歳の若い女性として、これからの人生に向けて胸をふくらませていたまっただ中でがん告知。

毎日髪を30分以上かけて巻き、おしゃれにもみがきをかけて颯爽と仕事に取り組んでいた阿南さんは、脱毛して帽子をかぶったりしますが、それがジーンズなどのカジュアルな服には合うけれど、会社に着ていくようなおしゃれなワンピースやパンプスに合わないことに悩まれました。

また、脱毛時に毛がらみを起こしてしまい、いつものおしゃれなヘアサロンには行けず、一日がかりで探した街の小さなお店で短くカットしてもらったと書かれています。

サバイバーである私もおなじ思いをした経験があり、その時の悲しく、情けない気持ちから、協会メンバーの試行錯誤で元の自分のヘアスタイルにカットできるウィッグの開発や、無料での事前カットや自髪デビューカットを取り入れて行った経緯があります。

「がんであっても自分らしく、女性らしくいたい」という共通の思いがあったからか、阿南さんはヘアエピテーゼ協会の取り組みに共感してくださり、応援して下さっています。

今回の御著書では、巻末の「知ってほしい事コラム」に協会の「再現美容」をとりあげていただきました。
阿南さん本紹介


阿南さんという女性は、どんな試練があっても、いつも前向きに行きて行く。ちょっと一生懸命すぎて転んでしまうこともあるところがまた、不器用でかわいらしい魅力なのでしょう。

文中の、病気を機に取り戻したお母様とのこころの触れ合い、家族やまわりの方達とのあたたかい関係もこころをなごませてくれます。

「病気だから夢や希望を抱かない」と、むりやり未来をあきらめる必要はない。と阿南さんはご本で言っています。

読んでいて、涙あり、感動あり、で、最後は元気をもらえる一冊でした。

よろしければ、ぜひ手に取ってみてください。

阿南さんのブログ ご著書紹介 http://ameblo.jp/gankenshin/entry-11984756065.html
         ヘアエピテーゼ協会ご紹介 http://ameblo.jp/gankenshin/entry-11982568868.html

| メディアに掲載 | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神戸新聞に掲載されました!

広報koziです。

先日、兵庫県で活動している再現美容師貞山さんから、連絡が入りました。
「毎月、第2水曜日に兵庫医科大学病院で行っている相談会の様子を
神戸新聞の方に掲載していただきました!」


2013年から、月に一度病院内で医療用ウィッグとビューテーティのご相談をさせていただいていると聞いていました。

貞山新聞

以下、新聞の内容を抜粋してご紹介させていただきます。
抜粋開始:

がん患者に対し、治療の副作用による脱毛や手術による乳房の欠損などを補って外見の回復を支援するため、兵庫医科大病院(兵庫県西宮市)が毎月1回、美容に関する相談会とかつらなどの試着会をメーカーと協力して開いている。患者からは「相談や試着が気軽にできる」と好評という。(金井恒幸)

 がん患者は治療の副作用で脱毛のほか、皮膚や爪が黒ずむなどの変化が起きやすく、乳がん治療による乳房切除では、既存の下着が使いにくいことなどが課題となっている。

 同病院は2013年9月から、がん患者らの外見回復を支援するNPO法人「日本ヘアエピテーゼ協会」(東京)の会員らと協力して美容面の相談会を開き、かつらの維持管理や肌を明るく見せる化粧法、脱毛後の眉の描き方などについて助言してきた。14年11月からは、かつらや補正下着、人工乳房の各メーカー計10社の協力を得て試着会も一緒に開催することにした。

 同病院がん診療支援室の西村裕美子看護主任は「外見の悩みを抱える患者さんに対し、不安を和らげて落ち込まないよう相談会などを通じて支援していきたい」と話す。

原則第2水曜(祝日の場合は翌日の第2木曜=次回2月12日)正午~午後3時半、同病院10号館4階第5会議室で。予約不要。男性や、同病院を受診している患者以外も参加できる。一部のかつら製品は同病院がん診療支援室の近くに展示しており、試着も可能。

 問い合わせは兵庫医科大の事業法人エイチ・アイTEL0798・45・6656
<抜粋終了>

治療で外見が変わってしまっても、今は色々とカバーする方法が増えて来ました。
上手に取り入れて、自分らしく、普通の生活を取り戻していただけたらいいですね。

神戸新聞記事はこちら→神戸新聞記事

再現美容師貞山さんのブログはこちら→ブログ

治療中の方は抵抗力が落ちていますので、マスク着用でかぜにご注意下さいね!

ブーケ春

| メディアに掲載 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

静岡のあーこさん、静岡新聞に掲載されました。

広報koziです。こんにちは。

今年から活動を始めた静岡県の松井文子さんが、静岡新聞に掲載していただきました。

明るく前向きな、あーこさん。ヘアエピテーゼ協会主宰の「かつらの学校」でも熱心に学んでいる姿が印象的でした。

お待たせしておりましたが、静岡県にも、安心して治療前後の髪を任せていただける美容師が誕生しました。

これから治療に入られる方、今のウィッグを調整したい方、治療後の髪を整えたいとお悩みの方、どうぞお気軽に「あーこさん」にご相談してみて下さいね。



記事を転載いたします。


      医療用かつらでがん患者支援

        治療前向きに、心もケア

「全ての女性にいつもきれいでいてほしい」-。静岡市駿河区の美容師松井文子さん(45)は、

「再現美容師」として、抗がん剤治療で脱毛した女性の髪が戻るまで、かつらの調整や心のケアに当たり、

 患者に笑顔を届けている。


再現美容師はNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会(東京)が認定する。同協会によると、現在、

全国で36人が活動している。県内では松井さん一人だという。

治療前のカットから、”地毛デビュー”に至るまで、1年を通してサポートする。

定期的な手入れでは、伸びる髪に合わせてかつらを調整したり、患者好みの髪型にしたりする。

 美容歴23年の松井さんが認定を受けたのが今年1月。常連客が乳がんを患ったことがきっかけだった。

触るたびに髪がごそっと抜け落ちる。ストレスで苦しむ姿を見て、何もできない自分が歯がゆかった。

そんな時、再現美容師の存在を知った。「せめて髪のことは安心してもらえたら」と、

かつらの手入れ方法や病気、治療について学んだ。今は2人目の患者を支援している。

「つらい治療を受けているので頑張ってとは言えない。どこまで踏み込んでいいのか日々勉強」

と接客の難しさも口にする。「女性は髪型一つで明るくなり、生活も変わる。自然で前向きな

治療生活が送れる手伝いをしたい」。

髪のケアを通して今後も患者にエールを送り続ける。

| メディアに掲載 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読売新聞埼玉版に掲載されました。

毛内

こんにちは。広報koziです。

今朝の読売新聞埼玉版に大宮のヘアエピテーゼメンバー、毛内さんが掲載されました。

見出しは
「再現美容師 がん患者支援」「医療用かつらで元の髪型」


抗がん剤治療中でも、以前と同じように仕事をしたり、買い物に行ったり、学校行事に参加したり、結婚式のゲストとして参加したり。。。

髪を失っても、自分らしさを取り戻して、他の人と同じようにいろんな事あきらめたくないですよね。

全国のヘアエピテーゼ協会メンバーも、みんな同じ思いで集まり、学び、応援活動をしています


新聞記事はHPをご覧下さい。http://www.hair-epithese.com/pg337.html

| メディアに掲載 | 13:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘアエピテーゼ開発ストーリー

こんにちは。広報担当koziです。

本日1月23日の東京新聞/中日新聞に医療用ウイッグの開発とNPO法人ヘアエピテーゼ協会設立の経緯を掲載していただきました。

「暮らし」ページの<壮春グラフィティ>という連載記事で、代表理事の河野愛一郎を取材していただきました。

記者さんとカメラマンさんが本部におこしになったのは、1月7日の仕事初め。

私も取材にお答えする手伝いをしていたのですが、いつのまにか一緒に写真に納まる事に。。。

東京新聞
これは新聞掲載の写真。右が代表理事:河野愛一郎。左が私です。

上手に笑わせて下さったのですが、ちょっと顔が引きつっていますね

実は、夫が立ち上げたNPOを本格的に手伝えるようになったのは、この3年程なのです。

03年の暮れに乳がんを告知されてからそれまでは治療の副作用もあり、心身ともになかなか元に戻れませんでしたが、やっとこんな笑顔ができるようになりました


これから治療に入られる方も、きっといつか静かな気持ちになれる日が来ると思います。

私は10年をゴールにしたホルモン療法を続けていますので、まだまだ心身ともに波がありますが、

再現美容に賛同して自からNPOに参加してくださっている再現美容師さんたちのバックアップを得て、

これからも失った外見を元に戻す事で、女性のがん患者さんが少しでも元の自分と生活を取り戻せるよう、お手伝いして行きたいと思っています(✿◖◡◗)

以下WEB版東京新聞に掲載されていました記事を転載させていただきます。
協会HPの記事はこちらです。http://www.hair-epithese.com/pg335.html



<壮春グラフィティ>女性向け医療用かつら開発 河野愛一郎さん(56)がん患った妻と二人三脚

2013年1月23日


医療用かつらを販売する日本ヘアエピテーゼ協会の河野愛一郎さん(右)と妻のこずえさん=東京都品川区で

 きっかけは、抗がん剤治療で髪が抜けてしまった妻の言葉だった。「こんな古くさいかつら、かぶりたくない」。東京都板橋区の河野愛一郎さん(56)は二〇〇六年、女性がん患者のためのおしゃれな医療用かつらの開発と販売を始めた。
 妻のこずえさん(54)が、乳がんを告知されたのは〇三年の十一月下旬。二人ともパニックになったが、さらにショックだったのは医師から「抗がん剤治療で髪が抜けるので、かつらを用意して」と言われたこと。
 だが、かつらを探してもヘルメットのように大きく重たく、「おばさんぽい」物ばかり。ファッション業界でスタイリストをしていたおしゃれなこずえさんには、全然似合わなかった。サイズが合わず、かぶると頭や耳が痛いと訴えた。
 「同じような悩みを抱える患者は多いのではないか。本来の髪形に近いかつらを作ろう」。雑誌編集者を経て、三十代でアパレル関係の会社を設立した河野さんには、「エクステ」と呼ばれる付け毛の販売経験があった。付き合いがあった化繊メーカーや美容師に相談し、医療用かつらの開発を始めた。伸縮性がある水泳帽のようなネットをかつらの裏側に取り付け、頭にぴったり合うようにした。何百回も試作して、人間の髪の生え方を再現して化繊を植毛。カットもサイズ調節もできるかつらが出来上がった。
 ただ、多くの美容師はかつらをカットした経験がなかった。それなら技術を磨いてもらおうとNPO法人「日本ヘアエピテーゼ協会」(東京都品川区)を立ち上げ、美容師のためのかつらの学校を東京と大阪に開設した。三カ月の講習を受けた美容師を協会が認定するシステムをつくった。
 現在、協会認定の美容師がいる美容室は全国に約四十店。店で医療用かつらを販売しており、好みに応じてカットしている。協力してくれる美容師は自身や身内ががんになった人も多い。髪が生え始めるとかつらのサイズが合わなくなるなど、当事者にしか分からない悩みに寄り添っている。
 かつらを買ってくれた人の中に、がん闘病中の二十代の花嫁がいた。協会認定の美容師が結婚式に付き添い、かつらの毛を結い上げた。花嫁は「この日を迎えられてよかった」と感激していたという。「患者さんが少しでも穏やかで、幸せな気持ちになれるようにお手伝いをしたい」。がんをきっかけに、再出発した夫婦の願いだ。 (細川暁子)
<縁・結・び>
 ▼医療用かつらはNPO法人「日本ヘアエピテーゼ協会」の指定美容室、サロンで12万6000円で販売している。サイズ調節やカット、アフターケアも価格に含まれている。東京都大田区の「HIROMIアトリエ」=電03(3735)3320、愛知県北名古屋市の「improve」=電0568(70)5114=などで購入可能。その他の店は、ホームページ(「日本ヘアエピテーゼ協会」で検索)。







| メディアに掲載 | 15:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT