| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヘアエピテーゼ・新人講習会が行われました

立春を過ぎたのに、まだまだ寒いですね。

火曜日は東京でも雪が降りました。

雪

そんな中、東日本支部ではヘアエピテーゼ協会の新人さん向け講習会が行われ、東京、神奈川を始め、岩手、愛媛、名古屋からも熱心なメンバーが集まりました。

スタバ

広報koziも、いつも一緒に勉強させていただいています。

ちょっと早めに本部事務所に入り、ランチタイムを。スタバのカップが桜の柄になっていて、外は雪なのに何だか春めいた気分ですヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀


新人会
これから抗がん剤治療を受ける患者さんたちの不安を、髪の部分だけでも安心していただけるように。

副作用の現れ方や時期、ウイッグでも自然に見せるコツ、治療が終わった後はどのように発毛してくるか、などなど、日々患者さんと接している先輩メンバーがレクチャーします。

そして、ヘアエピテーゼ協会で力を注いでいるのが、きめ細かなサイズ調整。

頭の小さい私が、サイズを詰めるモデルになりました。

頭のサイズに合わせて、待ち針を打って行きます!

脱毛前、脱毛時、治療後の発毛途中、それぞれ毛量が変わるので、調整は必要です。

頭の形や、こめかみの部分のへこみなど、個人差があるので、詰め方も公式どおりにはいきません。

洋服で例えれば、立体裁断のオートクチュールみたいですね!

| 全体 | 15:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定例会での勉強

こんにちは。

広報担当koziです。
先週火曜日は、ヘアエピテーゼ協会本部で行われた東日本支部の定例会に参加して来ました。

協会のある恵比寿の駅を降りると目の前に花屋さんがあり、いつも季節ごとに目を楽しませてくれます。

蝶
マーガレットの周りをブンブン飛び回っているのは、おもちゃの蝶。


ブーケ春
カラフルなスイートピーやチューリップのブーケ。 

見ているだけでしあわせな気分になりますね。


さて、今回の定例会、午前の部は今年から参加の新メンバー、午後からは既存メンバーと2部構成になりました。
新人
新人の方たち。この春からヘアエピテーゼを扱う再現美容を行います。

表情も真剣です。


午後からは、東日本チームで会議の後、ウイッグのサイズ調整レッスンを。

ヘアエピテーゼ協会「かつらの学校」の講師が、患者さんに合わせて日々研鑽してきたテクニックをメンバーみんなで共有していきます。

みなさん基本は十分勉強しているのですが、ひとりひとりの頭の形や、治療経過ごとのサイズ変化に合わせる為のさらなる工夫。



講師「サイドをこの角度でつめると後ろも楽になって、ずれないでしょう?」

みなさん「あっ、ほんとだ。」

モデルになった千葉のメンバーさん「すごく楽になりました~。」

こうしてお互いに体感することでマニュアルだけではかなわない快適さをいつも考え、メンバーみんなで共有しています。

ヘアエピテーゼは、ベースも常に改良されていますが、同時に施術現場での工夫も常に進化しているのですね

| 全体 | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013 スタートしました。

年賀2013

あけましておめでとうございます。

NPO法人ヘアエピテーゼ協会本部は、本年度、本日よりスタートしました。

昨年は、がん関連の学会への展示参加や、東京、大阪、三重、愛知でのビューティレッスンなど、今までの再現美容から一歩広げた、患者さんへの支援活動を行う事ができました。

医療関係の方達や、啓発運動をされている方々、様々な形で患者支援をされている団体の方と触れ合い、お話する機会を得、またコラボレーションさせていただくことで、多くのことを勉強させていただきました。




今年は、昨年ヘアエピテーゼ協会主宰の「かつらの学校」を卒業し、NPO活動に参加する認定サロンも新たにデビュー致します。

「抗がん剤の副作用を説明しなくても、安心して治療中の美容を任せていただけるように」と頑張っている頼もしい再現美容師たちです。


女性のがん患者さんが安心して治療に取り組めるよう、今年も全国のメンバーみんなで取り組んで行きたいと思います。

| 全体 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TNCス-パーニュース、本日放映です!

先日お知らせした、福岡支部の杉本千加さんが、本日TNCテレビ西日本スーパーニュースに登場します!

時間帯は18:15~18:40の間の数分間です。

放映地域は、福岡県内、山口県、佐賀県。他に大きな臨時ニュースが入らなければ放映されます。

千加さん放映

写真は、収録時に千加さんが患者さんのヘアスタイルを再現して製作したヘアエピテーゼと患者さんです。

乳がんに罹患してからの5年間、心の葛藤や身体的なリスクを乗り越えて、笑顔で患者さんの心の支えになれるまでになった、千加さんの女性としての生き方を、ぜひご覧下さい。


千加さんのブログより、素敵な言葉をシェアします。


私自身の経験より…
同じ病気で闘病中の患者さん…そして患者さんを支える家族の方々へ

希望の光と繋がれば幸いです。


自身をあきらめない強い心


大切だと思います。


再現美容師・杉本千加

| 全体 | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乳がんの傷跡をカバーする入浴着/三重県で認定


こんにちは。本部広報koziです。(❛ ◡ ❛)❤

3月に入ったのに、なかなか暖かくなりませんね。東京では今日も雪が降りそうな寒さです。

こんな日は温泉に行きたくなるものですが、乳がんなどの手術の傷跡があったりする場合は、人目が気になってなかなか大浴場には行きにくいものです。

今日はそんな、胸の傷跡をカバーする入浴着のおはなしを。


実は乳がん体験者koziは、温泉に入る時、バスタイムカバーという入浴着を着用しています。

昨年10月、箱根にて行われたNPO法人ヘアエピテーゼ協会の合宿にも持参し、入浴時に着用していました。

大浴場で一緒に入浴した三重支部の山口さんに、「乳がん患者さん用にこういう入浴着があるのよ。長野県では、温泉や入浴施設に理解を得るためのポスターが貼ってあるんですって。」という説明をしていました。

そして先の2月、「koziさん、三重県の知事さんに入浴着の件をご連絡したら、ポスターを作ってくださいました!」との連絡が 。。。

私の話を覚えていてくれた事、自分の支部の温泉に来てくださる、胸に傷のある患者さんが、気兼ねなく温泉に入っていただけるように、という気持ちが嬉しく、その行動力に感激しました。

また、ご理解をいただき、告知ポスターを作製して三重県内のがん拠点病院、ホテル、旅館、公衆浴場、などに通達してくださった三重県の関係各位にお礼を申し上げたいと思います。

ぽすたー


この働きかけに尽力したヘアエピテーゼ協会三重支部山口潤子さんのブログでも、この様子をご紹介しています。
http://blog.goo.ne.jp/hairsalon-jun/e/e8b43bb0ad7dca8508842b70cb900405


今回ご紹介した入浴着、バスタイムカバーは、女性のがん経験者のご姉妹が、患者さん達の声を元に考案されたものです。全国の市町村にご理解をいただき、患者さんが気兼ねなく入浴を楽しめるようになるといいですね。

お取り扱い先(株)ブライトアイズhttp://www.be-japan.com/index.html



| 全体 | 17:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT